**photo cafe**

カテゴリ:Climbing gear( 19 )

登山カメラホルダー考 その2

久しぶりにClimbing gearの記事です。

かなり前だけど登山用カメラホルダーの記事を書きましたが、
なぜかいまだに閲覧数TOP。
みなさん、やはり気になる道具なのでしょうか・・・

こちらの記事ね。→ 

この頃からずっとcotton carrierを使い続けてきましたが、
最近、『b-grip』というのを見つけたので買ってみました。

c0216331_22590847.jpg
ザックの肩ベルトが太めでも、別売りのトラベルキットを買えば大丈夫!



c0216331_22590837.jpg
トラベルキットでもしっかり止まってるけど、念のため付属の落下防止具も付けてます。



c0216331_22590843.jpg
プレートを装着したところ。
赤い部分に切れ込みがあって、そこまでしっかり回すと
プレートからカメラが外れることはありませんでした。
指先に力がないので外すのに一苦労したので、
この撮影時には回し切ってません。


c0216331_22590769.jpg
上の黒いレバーを動かしてプレート着脱します。
(わかりやすいようにカメラ外してます。)


b-gripと書いてある、前掛けのような部分がちょいとかっこ悪いと思ったけれど、
フルサイズのカメラ付けても、この部分のおかげなのか安定してて使いやすかったです。

ちなみに私が買ったのは、『トレッキングバリューセット
ハンドストラップは要らなかったのだけどね^^;

『cotton carrier』のほうも気に入ってるので、
リュックごとにつけっぱなしにしようと思います。
プレートだけ間違えないようにしないとね。


実は大ショックなことがありまして・・・


c0216331_22590759.jpg

Peak designのカメラクリップのボルトが短くて、ほとんどのリュックに
取り付けられなかったので、長いボルトを買ったのですよ。
そうしたら、なんとねじの径がまったく違う!
私が買ったカメラクリップは初期型で、最近のは径が違うようですね。
せっかくだからこちらも使いたいので、余裕があったら新型欲しいな。

あと『b-grip』もミラーレス用があるのでそちらも気になるところ。

なぜかカメラホルダーや三脚や雲台が大好き♪
部屋の飾り棚にずらりと並べて眺めていたいな・・・






[PR]
by i-marin95 | 2016-08-31 23:32 | Climbing gear | Comments(0)

山道具収納

昨秋からあまりお山に行けていません。
写真展関連で機会が減っているのと、
山の天候不良と暖冬の影響もあり。
さらには膝が過去最高に具合悪い。
登山してないのにね^^;

デスクワーク中でも、
キッチンワークしているときも、
痛苦しい膝小僧。

近々、どれくらい登れるのかお試ししてみます。
その前に山道具の整理など・・・

c0216331_23044906.jpg
過去の趣味道具が収まっていたストッカーの扉が壊れたので、
同じようなストッカーを購入。それが右。
壊れたストッカーは丈夫で勿体ないので、
あちこち散らばっていた山道具を収納することにしました。
それが左。

下の段の棚板2枚外してリュックを。
結局入りきらず大きなものだけになりました。


c0216331_23050603.jpg
折り畳みコンテナの中には、シェル、レイン、
ダウン、オーバーパンツなどくるくる系。


c0216331_23050912.jpg
もう一つのコンテナはサブザック、冬季手袋、ゲイターなど。


c0216331_23050434.jpg
右にちらりと映っているバスケットには手袋、帽子など。
こちらのバスケットには鍋やフライパンなどの調理道具。

寝袋は職場(※)と車に置いてあるので、ほとんど家に無し。
ピッケルやアイゼンなど武器(笑)系は山友に預け中。

これでストッカーはいっぱい。

小さいサイズのリュックたちや
小物類や食料などは結局分散のまま。
壁面全部使えると良いのだけど・・・

山道具の模様替えしたらまたUPします。

※)災害で帰宅難民になった時のために、
マットと寝袋、ガスバーナーなどデスクの下に置います。




[PR]
by i-marin95 | 2016-05-26 10:56 | Climbing gear | Comments(0)

カメラボディ用袋

久しぶりに山道具作ったのでUP!

c0216331_08180304.jpg


厚手だが軽量のキルティング素材を使った巾着。
41gはかなり頑張ったと思う。
コードストッパーがチープな割に重い。

何に使うものかというと・・・

c0216331_08180310.jpg


カメラボディを入れるため。

基本的にカメラはCOTTON CARRIERで胸元に付けてるけど、
(こんな感じで)
悪天候や疲れて撮る気がしない時には、
衣類に包んでザックの中に入れていました。

あと、2台体制のときなど。

c0216331_08180341.jpg


防水ではないけれど、軽く撥水する生地なのでザックの中で使うには問題なしでしょう。

幼稚園時代の娘の帽子とジャケットを作った時の余り布。
断捨離してなくて良かったわ~♪
娘が小さい頃は子供服作りに嵌っていたっけ。
よくあんな面倒くさいことしていたな~自分七不思議のひとつですな。

ちなみにもうひとつ分取れたのでmark4出ても大丈夫!
早くしてくださいw



[PR]
by i-marin95 | 2015-12-17 08:35 | Climbing gear | Comments(2)

登山用カメラホルダー考

久しぶりに登山用具カテゴリーです。

もうかなり前から使っているリュックに付けるカメラホルダーは
c0216331_22453151.jpg

『Peak Design ピークデザイン キャプチャープロカメラクリップ』


c0216331_22462239.jpg

こんな感じで三脚用の穴にプレート装着して、本体に付けるタイプ。
プレートも外しやすいので三脚使うときも便利だし、器具全体がシンプル&コンパクトでお気に入り。


c0216331_22535960.jpg

ただ問題は大容量リュックの肩紐になると厚さがあるので器具が肩紐をはさんでくれないのです。
あとプレートが大きいので例えばα6000やNEXなど可動式ファインダーが軽く引っかかるのがややストレス。
モデルチェンジして厚みのある肩紐に対応してくれないかな~と待っていますが一向に改善されず・・・

外で使ってる写真探したらありました。これは無理やり85Lグレゴリーちゃんに付けてますね。
1番使う65Lマムートちゃんには絶対に付きません。
登山中は通常ミラーレスを使って、フルサイズはリュックの中なのですが、この日は確かペルセの日。
フルサイズ2台持ちで登ったときなのでした。
c0216331_23181339.jpg




どんなリュックにも装着できるホルダー無いものかと探していたら、アマゾンで使えそうなの発見。
c0216331_22564411.jpg

『COTTON CARRIER STRAP SHOT STRAPSHOT』


c0216331_22575334.jpg

同じようにプレートを三脚穴に装着するタイプ。


c0216331_22583922.jpg

マジックテープで肩紐に巻きつけるので大容量リュックでも問題なし。


c0216331_22592829.jpg

プレートが長くて電池やメモリーの入れ替えに支障があるのでは?と心配でしたが、
ゴムのような素材で曲がるので問題なし。
ただ、このプレートセットを取り外しするのに六角レンチが必要。これ、超めんどくさい。
付属のハンドグリップも手のサイズにあってないのが不満・・・と思ったけど、よくよく考えると、
ハンドグリップとプレートは必要ないですね。この後、外しました。
でも、やはり可動式ファインダー引っかかりますね。そこはピークデザインと一緒。



c0216331_2323893.jpg

カメラを付けた姿。本体をきゅっと90度回転させて抜きます。

まだ新しいホルダーは山で使っていないので、使用感などのレポートは後日。
紐がいろいろあるのでそれがちょっと邪魔なのではないかと予想しております。
あとはグラつき・・・どうだろう^^;


おそらくはピークデザインのプレートが小さくなって、
厚みのあるリュックの肩紐にもつけられるくらいはさむネジが長くなってくれるのがベストなんだろな。
[PR]
by i-marin95 | 2014-07-30 23:32 | Climbing gear | Comments(11)

THERMAREST NeoAir

これまでサーマレスト Z-Liteを使ってきましたが、テン泊する度、腰痛持ちでもないのに腰が痛くなる。
もしかしたらマットのせい?そんなことを山バディに相談したらこんな新兵器を調達してきた。
c0216331_055735.jpg
サーマレスト NeoAir Xサーモ&Neo Air XLite シェ~なシルエットはお気になさらずにw
パタパタZ-Liteはザック外に括り付けていたので雨降りのときなどカバーの中でもたついていましたが、
これはコンパクトになるし軽いのでザックにすっきり納まるのが嬉しいところ。
肺活量のない私でも楽に膨らますことができたし、苦労するんじゃないか?と心配だった畳むときも思いのほか簡単!
全体重乗せて必死で丸めていた以前のサーマレストマットとは全く違います。
実際に一晩寝ましたが、腰痛もなく、それにほんわか暖かく感じていたので、目覚めてテントの表面に霜がおりていたのにびっくりしたくらい。
もうパタパタZ君には戻れません^^;
ただ、空気をパンパンに入れていると寝る以外の動作が難しい。。イメージは笑点の座布団に乗ってる感じ。
体幹は鍛えられそうだけど・・・
お値段はパタパタ君の3倍位になってしまうのかな・・・でも快適さは3倍以上だと思いました。

c0216331_062339.jpg
収納時はこれ。横にスマホとか置いて撮れば良かったわ。
ところで山バディさん、テント内に使うマットを買ったから厳冬期も行けそうだとかなんとか呟いていたけど、真冬もテン泊するつもりなのでしょうか!どえむ街道まっしぐらだ~!
[PR]
by i-marin95 | 2013-10-02 08:42 | Climbing gear | Comments(4)

大容量リュック

c0216331_963272.jpg

夏休み前に駆け込みで購入したグレゴリーDEVA85
今まで一番容量の大きかったマムート(50L+15L)と比べてみる。
女性用で80L超える容量のものが無くて必然的にこれになってしまったのですが、
本体重量が2.8kgもあるのにそれほどの重さを感じません。
もちろんアレコレ詰め込むと重いけど、同じ内容をマムートに入れるとおそらく背負えないだろうな・・・
そんなイメージ。
これにフルサイズ2台、広角レンズ2つ、電池、フィルター、レンズ用ヒーター、防寒着、2日分の食事、三脚2本
などなど簡単に見積もって18kg位を背負って4.2km(高低差1020m)登りました。
まだまだ余裕があるので天候不良できちんとパッキング出来ずに出発するときなど安心です。
なんとなくシルエットがぼてっとしてイケてないし、
サイドポケットが片側だけなので三脚2本持ちたい時バランス悪いけれど、
ドリンクホルダー使い易いし、腰ベルトが一番自分にあってるので良かったかな。
サイズはXSが80L、Sが85L、Mが90Lです。
自分の背中に合わせるならXSなのだけど、少しでも容量稼ぐためにSにしましたよ。
高額なのに妥協する部分があって悩んだけど、
少し愛して・・長~く愛していけると思いますw
ちなみに妥協したのはシルエットと色。機能性は2回使ってみて申し分なし!
やはり外見より、包容力と機能性と思いやり。
パートナーを選ぶ基準にも言えてるんじゃないかと~( ̄∇ ̄*)ゞキリ

[PR]
by i-marin95 | 2013-08-21 09:51 | Climbing gear | Comments(4)

山ご飯♪

最近、少しずつ山ご飯始めてます。
とは言っても、車停められる展望スペースの端っこや、我がベランダなどですけど。
いよいよ来週から実際に山の上に持って上がりますよ。
まだ何処のお山に行くかお天気次第なので未定ですが、
そんなに厳しいところじゃなければテン泊自炊、
小屋でも素泊まりにして自炊する予定。


c0216331_22202537.jpg
用意したのはお米2回分、サラスパ、マカロニ。
お米重いのでこれからアルファ米さらに調達予定。
無印で調達してきたソースやご飯に掛けるおかず。
無印のパスタソースは軽いので山にぴったりだと思う。
仕事関係でゲットしたあんしん財団の軍手お気に入り。
ちなみにメスティンに入る大きさのしゃもじを探し中。
木製だとあるのだけどさっとティッシューでふき取れるポリ製が欲しい。



c0216331_22241682.jpg
カフェイン中毒の必需品など。
一回分ずつ挽きたて豆をパック。飲む頃は挽きたてじゃないけどね^^;
モンベルのドリッパー、処理しやすいようにペーパーフィルターも。
あと炊事で必要なキッチンペーパーは折りたたんでチャックポリ袋へ。
小分けには85mm×120mmのチャックポリが便利。
プロティン一回分もぴったりの大きさなんですYo~♪
もちろんパスタなどのパッケージもチャック袋に移し替えていきます。

おそらく車中泊と山泊の一週間になると思うので、
イナバタイカレーやゴージャス缶詰、棒ラーメンも持っていかなくちゃ。
どうかお盆休み中晴れますように!

[PR]
by i-marin95 | 2013-08-06 22:41 | Climbing gear | Comments(0)

メスティン使ってみたYo~♪

日帰り登山から小屋泊登山へレベルアップした昨シーズン。
今年はテント泊を目標としております。
☆メリット
・食事の時間を気にすることなく夜明けと夕暮れ撮影できる。
・他の登山客に気兼ねすることなく深夜に撮影できる。
・朝食後に朝寝できる。(深夜~夜明け撮ると一番眠くなる時間)
☆デメリット
・撮影機材だけでも重いのにさらに重量が増える。
・寒い。
・蚊に刺されたらいやだ。

いろいろと悩めることはありますが、いつでもテント泊出来るように、手際よく山ご飯作れるよう練習していこうと思う。
それに前もって経験しておけば必要な持ち物がはっきりわかるしね。

そこで購入したtrangiaメスティン TR210

c0216331_16265833.jpg

無洗米1合とお水を米の1.2倍入れて20分ほど放置。その後、火にかける。

c0216331_16293520.jpg

炊き方は途中で混ぜるとか、絶対に開けないとか諸説ありますが、途中で開けるのは中身を撒き散らすという
リスクがあるので自分は炊き上がりまで開けないことにしました。
隙間から吹きこぼれたら弱火にして、中からちりちりと音がしたら火を止めるらしいのですが、バーナーの
音が大きすぎて聞き取れない・・・そのうちに炊き上がりっぽい匂いがしたので慌てて火を消す。
そしてひっくり返して10分蒸らし。その間におかずの缶詰をぐつぐつ。。

c0216331_16342892.jpg

ちょっとおこげが出来たけど、そこが香ばしくて美味しい♪
ちなみに火にかけて2分で噴出しはじめ5分で火を止めましたが、他の方々を見てるともっと長い時間かけてる。
きっと平地だし、気温が高かったから短時間で出来上がったのかもしれません。
今度は静かなアルコールストーブで試してみよう。

*** *** *** *** *** *** *** *** ***

もうひとつ
c0216331_16395588.jpg

ずっと悩んでいたmont-bellのコーヒーフィルター購入。

c0216331_16422367.jpg

割り箸を使ってOn the cup!
直接コーヒー入れると後片付け大変そうなのでフィルター入れました。
やはり豆から淹れるコーヒーは美味しい♪
でも、荷物のことを考えるとやはりインスタントになってしまうのかな・・・
テント場までの距離が短い時に使おうと思います^^

そうそう・・・右のケトル(trangia 0.6リットル TR325)ですが、久しく使っていなかったら底に穴が開いてた。
ちゃんと水切りしておかなかったからだと思うけど、そんなに簡単に穴開くのか??
今度は違う素材のケトルにしてみよう。
[PR]
by i-marin95 | 2013-05-25 16:56 | Climbing gear | Comments(2)

フォールディング スプーン&フォーク

c0216331_23282444.jpg

おまけに釣られて買ってしまった“Fielder”
と~っても可愛いけど重いよ。スプーン&フォーク
軽量化マニアとしたことが。。。
本はトレーニング方法がわかりやすく説明されてたり、
一番興味あるテントの比較が載っていてGooなのでした。

[PR]
by i-marin95 | 2013-05-22 23:34 | Climbing gear | Comments(2)

リュック

久しぶりにお山道具について・・・今日はリュック♪
カメラバックもそうですが、買い換えても買い換えても100%に出会えない。
お山リュックも同様だったとは。


c0216331_18282940.jpg
MAMMUT ヘラエレメント 50L+15(左)とOSPREY ケストレル38(右)
持ってる中で一番大きなマムートはシックな色に惹かれて購入。
2気室で使い易いし、背負い易いのだけど、サイドポケットがネットで軟弱、しかも浅い。
泊りがけ登山では三脚必須なのでサイドポケットがしっかりしてて欲しかったなぁ。
OSPREYは初めて買った山リュックです。
登山始めた頃はOSPREYに憧れていて、絶対にココのリュックと決めていたっけ。
実際、使いやすさはマムートより良いのですが、発色が・・・若い人が持つとカッコいいのだけど^^;



c0216331_1850088.jpg
karrimor SF Predator30(左)とGRANITE GEAR Vaporday KI 29L
これはどちらもデザイン・色に惹かれてしまいました。
GRANITEは腰ベルトが外せるので通勤用としても使っています。
軽量をうたっているだけあって軽くて薄い。あまり角張ったものを入れると破れそう^^;
Predatorは友人のお買い物に付き合ってしまったがために、ミイラ取りがミイラ的衝動買い。
ポケットやドリンクホルダーなどパーツが自分の好きなように取り付けられるのがミソ。
マルチカム(迷彩柄)にコヨーテ(ベージュ)のポケットを付けたらお洒落♪お気に入りです。
マジックテープ部分には所属する部隊など貼り付けるらしいけど、そのうち何かアレンジしてみたいと思います。




c0216331_21503653.jpg
Arc'Teryx FLY13 とサブリュック2種
自転車やウォーキングの時に便利なFLY13、通勤でほぼ毎日使っています。
必要最低限のものしか入らないし、サイドポケットが無いのでちょっと不便なこともあります。
でもやはりデザインや造りの良さは流石のアーク♪
サブリュックは山小屋に大荷物デポしての山頂付近の散策や、
小屋から星や夜明け撮影に出掛けるときに重宝してます。


雪山小屋泊登山や無雪期小屋連泊はマムートで充分でしたが、
今後、テント泊を始めるならば90L位必要になってくるのかな・・・
でも、しばらくはこのラインナップで間に合いそうです。

それにしてもプラダやらエルメスやらにはまったく興味ないのに、
GRANITEやら、deuter、HAGLOFS、etc・・・に反応してしまうのはいかがなものか・・・w

[PR]
by i-marin95 | 2013-03-02 22:23 | Climbing gear | Comments(5)